skip to Main Content

新型コロナウイルス後の世界を予想する(1):逆都市化

現在生きている人たちにとって、新型コロナウイルス(COVID-19)は、いまだかつてない経験です。たしかに、私たちはSARS、MERS、エボラ、ジカ、HIVなど、他にも感染症の流行を見てきました。しかし、それらの感染症は、主に特定の集団や地域において限定的に発生しました。新型コロナウイルスは違います。たった数か月のうちに、コロナウイルスの脅威は世界中の全ての人たちに対して社会的、政治的および経済的に甚大な影響を及ぼしました。新型コロナウイルスと、世界全体に影響するような他の課題との違いは、もたらされる変化のスケールとスピードにあります。

グレタ・トゥーンベリのような環境活動家が気候変動について発言すれば、彼女の感動的なスピーチはソーシャルメディアで拡散されて、人々は彼女を称賛します。しかし、気候変動の影響は徐々にしか感じられないため、彼女の言葉はどうしても忘れられがちで、つい普段通りに毎日を過ごしてしまいます。一方で、都市がまるごと閉鎖され、国境が閉ざされ、何百万もの人たちが職を失い、知っている人がわずか数か月のうちにたくさん亡くなってしまうような状況は、人々の心に大きな打撃を与えます。

かつて、ロシアの革命家のウラジーミル・イリイチ・レーニンはこう言いました。「何十年もなにも起こらないことがあるが、数週間のうちに数十年分が起きることもある」。未来に投資する投資家としての私の仕事は、どのように社会が進化するのか、そして有意義な変化をもたらせるような起業機会がどこにあるのかをつきとめることです。最終的には、未来をどのように作っていくかは勇気ある創業者たちの行動次第です。私たちは大きな「波」がどこにあるのかを探しますが、実際に波に乗るのはサーファーである創業者たち自身です。

以上を踏まえた上で、日々状況が変化するパンデミックの最中ではありますが、新型コロナウイルス後の世界、つまり「ポスト・コロナ時代」に来る可能性のある波について考察するシリーズを、これから数週間にわたって(リモートワークで)書きたいと思います。

今週は、ポスト・コロナ時代の逆都市化について考察します。

ポスト・コロナ時代の逆都市化

何世紀にもわたって、都市化は世界中でかなり一貫したトレンドとして進んできました。距離によって発生するコストを減らそうとした結果、人口密度は上がりました。同じ場所で生活し、働き、買い物をし、遊ぶことは、実用的かつ経済的だからです。

しかし、ここ数十年においては、テクノロジーの進化によって距離のコストは減少傾向にあります。リモートで働き、ネットで商品を注文し、ネットで医師の診察を受け、ネットでエンターテイメントを楽しむことができるなら、大都市に住むメリットは減ります。

どこに住むかを決めるときの基準として、もっともよくあげられるのが職場との距離です。ほとんどの仕事がリモートでできるなら、職場との距離はそこまで気になりません。しかし、毎日通勤しなければならない場合、職場の近さはかなり重要です。では、もし週に一回しか職場に行かなくて良いとしたら?それでもあなたは同じ場所に住み続けるでしょうか。

もしかしたら、今より遠くて、安くて、自然が多い場所に住むことを選ぶかもしれません。ほとんどのコミュニケーションはチャットやメールで済ませられますし、大事なディスカッションはビデオ会議で行えます。これまでのように「これをオンラインで行う必要はありますか?」とたずねるかわりに、「これを実際に会って行う必要はありますか?」とたずねるようになるかもしれません。

もちろん、インターネットを活用したこれらのソリューションは、何年も前から存在しています。それでも、大都市は変わらず魅力的に感じられ、ほとんどの人たちはストレスフルな通勤を続けています。なぜなら、社会システムに対する「ショック」でも起きない限り、古くからの習慣や社会的構造はゆっくりとしか変化しないからです。

新型コロナウイルスがまさにそのショックです。コロナウイルスの強制力によって、日々の生活をなんとか続けていくために、何十億もの人たちがテクノロジーを使うことを余儀なくされています。こうしたテクノロジーを使うことは、もはやオプションではなく必須です。数週間前の記事で書きましたが、新型コロナウイルスはリモートワークを主流にするきっかけになるかもしれません。もしそうなった場合、人々の住む場所の決め方にも大きく影響し、今後10年に及ぶ逆都市化トレンドの引き金になるかもしれません。

逆都市化によって、現在使われているインターネット・サービスの多くが活性化するでしょう。それだけではなく、新たな分野でのテクノロジーの開発や法整備も加速するでしょう。遠隔医療に対する法的ハードルが下げられるかもしれませんし、バーチャル・リアリティもやっと誇大広告から実用化へと進むかもしれません。

新型コロナウイルスは、これまでの習慣や社会常識を根本から見直すことを私たちに迫っています。これはただのショックではなく、まるで壮大な規模の実験です。この困難な時期を乗り越えれば、私たちは新しい考え方や生き方を実現できるかもしれません。そして、逆都市化はその結果の1つかもしれません。

続き:新型コロナウイルス後の世界を予想する(2):コロナウイルスによって世界は閉ざされるか、開かれるか

New call-to-action

コロナ
James Riney

James Riney

Founding Partner & CEO @ Coral Capital

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!

New call-to-action

Back To Top